牛めがねブログ【DIYと一戸建ての防犯と防災を綴る】

DIYと一戸建ての防犯や防災をまとめたブログ。防犯カメラやセンサーライトなどのグッズで空き巣対策、防災のためにできることを綴る。

高校受験は「中学1年からが勝負」は本当だった

今年中学生になった長男。

入学する前から聞いていた話しでは、「高校受験は中学1年生からが勝負」とのこと。

たしかに中学1年から3年までの3年間の内申点が採用されるようになったとは聞いてましたが、最初はそんなに勉強の遅れはでないだろうと思っていました。

チャレンジもしてますし。

 

それが甘かったようです。

 

チャレンジのテストの結果があまりにも酷く、これ、良い高校とかそういうレベルではなくて、予想をはるかに超えるくらい頭に入ってないなと。

 

さてどうするか?

 

塾に入るか、クラブ活動の時間を減らすか。

何か考えないと、このままずるずるいくと、1年の内申からやばいことになりそうで。

 

そこで考えました。

 

そうだ、私が教えようと。

 

中学生くらいの勉強ならなんとかなるかなと。

 

たぶん、うちの息子は1人でコツコツできるタイプではないので、そもそもチャレンジが向いてないのかもとも思いましたが、今更塾というのもかわいそうだし。

 

とりあえず、漢字、英単語などの暗記物は私が完璧に頭に叩き込んであげようかなと。

 

ここ数年、もう10年以上になりましたが、心理学、行動経済学、脳科学などの書籍を読み漁ってきました。

暗記の仕方も学んだので、ここは、私が学んだことが通用するのか、息子で試してみようかなと。

 

時間がなくなったので、続きはまた明日。