人見知りを克服できないのは甘えと言われると辛い

人見知りを克服できないのは甘えと言われると辛い

好きで人見知りしてるわけじゃないのに

人見知りが「うざい」とか「嫌い」とか言われると辛い

  • 人見知りを克服できないのは甘えなの?
  • 人見知りを克服できないと辛い!

親のせいにもしたくなる

人間嫌いにもなったりする

人見知りを克服できないのは甘えじゃない!
人見知り克服は簡単ではありません。コミュ力向上もそうですが、少し本を読んだりセミナーを受けるだけで治るものでもありません。原因や特徴を理解することも大切です。
人見知りが治らないと困っている時期にこういう直し方もあるという参考にどうぞ。

人見知り克服できないのは簡単じゃないから

人見知りを克服できないのは普通です

人見知りの克服はなぜ簡単ではないのか。それは意識を変えることが簡単ではないからです。コミュニケーションに関する知識を得て行動して検証するサイクルが人見知り克服の近道だと思います。

人見知りが治らないと悩んでいるなら、別に珍しいことではなくて、それが普通だと思って下さい。

人見知り克服が簡単ではないから治らないのも当然

人見知り克服は簡単なことではありません。これは断言できます。

簡単なことではありませんが、僕の場合はできました。

でも、克服しようとしたわけではありません。

結果的に人見知りではなくなったというだけです。

ですので、僕の考える「人見知り改善方法」を実践しても、人見知りを克服できるかは分かりません。

なぜ人見知りの克服は簡単ではないのか。まずはそれを知りましょう。

人見知り克服が簡単ではないと思う2つの理由

意識を変えるのは難しい

よく人見知りの原因とされるのがこちら

  • 人の目が気になる 自分をよく見せようする
  • 人からどう思われてるか気になる
  • こういうことを言ったら嫌われそう
  • 自分に自信がない

だから改善方法としては、こういう思考を変えましょうということです。

  • 人の目は気にしないでおきましょう
  • 人からどう思われているか気にしません
  • 何を言っても嫌われない
  • 自分に自信を持つ

さあどうでしょうか。出来そうですか?

意識を変えるのがなぜ難しいか。

実は意識と無意識のうち、意識として表面に出てるのは僅かだと言われています。顕在意識ともいますが、わずか10%程度とも言われています。

ということは、無意識のうちに行動したり発言したりしています。潜在意識というものです。

ですので、意識を変えることは簡単ではないんです。もし意識を簡単だと言えるのなら、ダイエットも禁煙も簡単なはずなんです。

ただ、意識を変えることが出来ないという意味ではありません。結果的に意識が変わるように持って行くのですが、「意識を変えようとして変えるのは難しい」ということです。

人見知りを克服できないのは「原因」を知らないから

人見知りを治すにはまずは「原因」を知りましょう。

ただ知るだけでなく、人に教えれるくらいに知りましょう。

コミュニケーションの本を何冊か買って読んでみると、人見知りの原因も分かってきます。

人見知りは甘え?本で分かることもある

人見知り克服とコミュ力向上に役立ちそうな本です

人見知りの原因の一つが「自分に自信がない」

人見知りの原因に「自分に自信がない」からというのもあります。

ですので、「自信を持ちましょう」と言われたりします。

自分の自信を持つのは簡単ではないですよね。

これも結局は意識を変えましょうということです。

どうやって自分に自信を持つかが抜け落ちています。

方法としてよく言われているのが、「自分を好きになる」「自分から挨拶する」「マスクをつける」「自分の言葉に自信を持つ」「元気に挨拶する」など。

この手の方法で、不安を和らげたりできるかもしれませんが、人見知りが改善されるほど自信がつくのは難しいのではないでしょうか。

そもそもコミュニケーションが苦手で人見知りするような人に、先ほどの方法で自信を持ちましょうといっても簡単に受け入れることが出来るとは思えないんです。

意識を変えて自分に自信を持てるようになれる人もいるでしょうけど、簡単ではありません。

先ほども書きましたが、自信を持とうとするのではなく、結果的に自信がついた状態にしましょうということです。

人見知りの原因にこの2つは大きくかかわっています

よく思われたい(どう思われているか気にある)
自信がない

つまり、「自分に自信はないけど、どう評価されているか気になる」。

こういう人は人見知りしがちです。

では逆の場合はどうでしょうか。

「自分に自信があって、誰にどう思われてもそれほど気にしない」

人見知りしそうにないでしょ。

目指すのはそこなんです。

だけど気をつけないいけないのが、だからといって「人がどう思っているかは気にしないようにしましょう」といっても、それは簡単ではないんです。

ですので、順番が大切です。

「自信をつける」→結果的に→「人の目が気にならない」

この順番です。

人見知り克服にはまず自分を知ることから

人見知りな人の性格や特徴をまとめています。ご参考にどうぞ。

人見知りな性格丸分かり!

どれだけ当てはまる?

一つや二つ、思い当たることがあるのではないでしょうか。

コミュニケーション能力ある?

自分を知ること大事ですよね

このコミュ力診断で、自分のコミュ力が高いような人は人見知りではないでしょうけどね。

ぜひ、自分の今の状況を知りましょう。

人見知り克服が無理なことはありません。

早めに対策しておいて、高いコミュニケーション能力を持っていれば、何かと有利です。接客や営業などの職場でもそうですし、就職や転職やバイトの面接の時、恋愛や婚活の時にも役立ちます。

これからのAI時代においても、コミュニケーション能力はないよりあったほうがいいでしょう。

人見知りを解消できないのは甘えではないけど努力は必用

人見知りを「甘え」だとは思いませんが、治すには努力は必要です。

僕の場合は、コミュニケーションが苦手な部分もありますが、自分から人の輪の中に入っていくことで、最初はストレスも大きかったですが、時間とともに克服できてきました。

やはり人見知り改善には努力は必要です。

しかし、努力をしたからといって初対面の人とすぐに打ち解けれるようになるかというとそうでもありません。

高額なセミナーや講座や教室で学んだりしても、オフ会に参加しても、トラウマが強くて極度の人見知りなら難しいかもしれません。

もし、自分自身ではなく、彼氏や彼女、小学生や中学生の子供が人見知りでも、出来れば甘えだと思わないであげましょう。本人は辛い思いをしているかもしれませんから。

もし、人見知り克服のきっかけを作ってあげれたら素敵ですね。

人見知り克服でコミュ力おばけへ

実際の体験を元に書きました

決して無理な努力ではありません。知識を得て、それを少しずつ行動に移しただけです。