牛めがねブログ【DIYと一戸建ての防犯と防災を綴る】

DIYと一戸建ての防犯や防災をまとめたブログ。防犯カメラやセンサーライトなどのグッズで空き巣対策、防災のためにできることを綴る。

防災訓練の参加者を増やす方法って何でしょう

毎年、自治会で防災訓練が行われています。

とても意義のある大切な訓練だと思います。

ただ、毎年参加しているのが同じメンバーばかりというのが気になります。

参加するのを躊躇うなにかがあるのかもしれません。

防災訓練の内容のこと

地域の防災訓練って、自治会によったりするんでしょうけど、私の住む街では、各自治会に委ねられているので、隣の町とは違った訓練があったりします。

だいたいは炊き出し訓練はしていますが、一つ問題があります。

その炊き出し訓練を手動するのが、その年の自治会の役員。

そして、その役員たちは自分が役の時しかそういった訓練にはほぼ参加しない。

もし大きな地震が起きて、地域の公園に一時的に避難するとなった場合。

その年の役員がまだ防災訓練もしてなかった場合。

いざ、炊き出しをしようとしても、うまくできるのか。

その地域の中で、防災のことならという人がいればいいのですが、いない場合。私が以前住んでた地域にはいませんでした。

かなり混乱するのではないかと。

だから、普段から近所づきあいが大事だと思うんですが、どうも、うまくいってない気がします。

地震の後、地震酔いみたいなのが起こったりするみたいです。

相次いでいます。対処には「屋外で体を動かす」ことなどが良いそうです。

こういうことは、実際に地震が起きてから知ることが多いですが、普段から知っておきたいと思いました。

防災訓練参加者を増やすには

結局、その防災訓練がいかに大切かってことがきちんと伝わっていないのかもしれません。

毎年同じことをしてるので。

もうすこし参加しやすい雰囲気になればいいのですが、毎年会長も変わりますし。

何か意見を言うと、「じゃああなたがしてください」という言葉が返ってきそうで誰もあまり多くを口にしたがりません。

まずはそこからかな。

きっと防犯的にも、近所の人と顔なじみになるのはとても大切だと思うんですよね。