ストレスフリーになりたい!特徴的な性格は?

ストレスで胃が痛い

ストレスでお腹が痛い

最近ストレスフル

  • ストレスフリーって何?
  • ストレスフリーな人の性格的特徴は?
  • ストレスってなくせるの?

ストレスを完全に消し去ることは無理でしょう。

ストレスに勝とうとするのではなく、受け流すんです。

受け流しながら、いかに解消するか。

ストレスフリーになりたいならそういう人の性格を知ろう!
ストレスフリーになりたいなら、そういう人たちの性格を知ってみると分かることもあるでしょうね。ストレス診断で分かることも多いですね。
ストレス診断でまず自分のことを知りましょう。

 

ストレスフリーとは?

ストレスフルとは、ストレスまみれの状態。

ストレスフリーとはその正反対の意味ですね。

ストレスがないこと。そのままです。

では、そもそも「ストレスフリーな状態」は可能なのでしょうか?

一時的には可能でしょうけど、それを維持するのは不可能です。

なぜなら、ストレスには「身体的ストレス」と「精神的ストレス」がありますが、身体的ストレスは暑さや寒さでも感じますから、それすら感じなくなることは不可能だからです。

ですので、「ストレスフリー」になろうとするのではなく、ストレスは常にかかるものだと受け止めることがまず大事。

  • 受けたストレスをいかに受け流すか
  • ストレスをいかに発散するか

この2つが大事になってきます。

ストレスフリーな人の性格は?

厳密には「ストレスフリー」ではないかもしれませんが、いつもストレスを感じずに、精神的緊張が少なめな人ってどんな性格なのか?

その性格を真似すれば、少しでもストレスフリーに近づけるのではないか?と思われます。

人の目を過剰に意識しない

誰しも人の目は気になることでしょう。

「自分らしければいい」「人は人、自分は自分」と言う人は少なくありませんが、それでも、全く人目を気にしないわけではないでしょう。

その場に相応しい格好をするのはマナーとも言えますから、誰の目も全く気にしないのがいいとは言いません。

ただ行き過ぎるとストレスがすごいことになります。

人見知りな人に多いのも、人の目を過剰に意識することが原因な場合も多いんです。

ストレスフリーや性格な人は「適度に人の目を気にする」と言えるでしょう。

自分にも他人にも完璧を求めすぎない

ストイックという言葉は良くも悪くも使われますね。

確かに完璧を求めて、さらに上を目指してストイックに物事を進めるのは悪くはありませんが、それがストレスを増やすこともあります。

そして、自分だけでなく他人に対してもストイックさを求めれば、それはもうとんでもないストレスがお互いを襲う可能性が高くなります。

「求めすぎない」というところがポイントで、仕事であれば、完璧を求めないと多くの人に迷惑がかかる場合もありますから、ケースバイケースということです。

自分に完璧を求めるにしても、もし求めた通りの結果が出なかったとしても、がんばった自分を褒めてあげることでストレスも減らすことができます。

「悲観的」ではなく「楽観的」な発想を心がける

言葉で言うのは簡単ですが、ストレスフリーな人は、「悲観的」ではなく「楽観的」に考える傾向があります。

これは意識的に思考を変えるというより、結果的に「楽観的」になったのかもしれません。

悪く考えしまうのは、考え方のクセもありますが、それ以上にありそうなのが、過去のストレスになった出来事を振り返ったり、将来の不安を考えたり、ストレスを受け続けやすい思考パターンに陥っている可能性もあります。

マインドフルネスや瞑想などで、今に意識を向けることで、楽観的な思考にうまく向けれるようになるといですね。

せかさない・マイペース

仕事の場合はある程度、相手がいることが多いので、相手のペースに合わせないといけない場面もあるでしょう。
ただそれも度を過ぎると、自分と相手とのスピードの違いでストレスを強く感じてしまいます。

これも程度の問題になるのですが、マイペースが部分を持っている人のほうがストレスフリーになりやすいですね。
いつでもどこでも誰にでも合わせていると、都度、無意識のうちにストレスを強烈に感じているかもしれません。

ストレスフリーになるには自分のペースを持った生き方のほうがなりやすいのではないでしょうか。