人付き合いは「広く浅く」?「狭く深く」?

コミュニケーション能力が高い人を見てると、人脈も広くて、羨ましいと思うことがあります。

そういう人たちは、人付き合いのことをどう考えてるんでしょうね。

人付き合いってどう?

  • 広く浅く
  • 狭く深く
  • 特に何も考えてない

みんなそれぞれあるでしょうけど、私が最近すごく感じることが多いので、今回のテーマにしてました。

人付き合いは「狭く深く」が私の理想

先に私の意見を述べておきます。

今まで、たくさんの人と付き合いがある人を羨ましいと思っていました。

携帯のアドレス帳が一杯な人
フォロワー数がすごいツイッターの人
友達がめちゃくちゃ多いFacebookの人

いいな~と羨望のまなざしでみていました。

それがここ数年変わってきたんです。

というのも、元々人付き合いは得意ではなかったんですが、次第にコミュニケーションとかがうまくとれるようになり、人に教えれるくらいになってくると、だんだん人とのかかわりも増えてきました。

それはそれで嬉しいことなんですが、そうなってくると、誘いが増えてきます。

それに自分が主催するようなイベントや食事会が出てきます。

限られた時間の中でやりくるするわけですが、どうしても時間が足りません。

例えば、食事会や飲み会をします。

10人が集まります。2時間です。

その場合、私が参加して誰と話ができるか?

10人もいれば、数人ずつのグループで話をすることになります。

結局話しが全然出来なかった人が出てきます。あの人と話をしたかったなと思ってももう遅いんです。

そういう会を1年に2回とか3回とか開催しても、結局ほとんど話しもしてない人が出てきます。

それに、人数が多いと、どうしても会話も浅くなります。当たり障りのない、誰に聴かれてもいいような内容です。込み入った内容の会話はさすがにできません。

何年たっても、見たことがあるけど、話したことがなくて、何の仕事をしてるかも知らない。そういう人が増えてきたんです。

もちろん、その中で気の合う人も出てきたので、それが悪いとは思いませんが、どこかで線引きをしておかないと、浅い付き合いな人がどんどん増えてきます。

では線引きというものがどういう基準なのか、そこを考えていきます。

広く浅く人付き合いをすることでうまくやってる、幸せを感じてる、そういう人もいるでしょうから、どちらが絶対的におすすめだとか、幸せだとか言ってるのではありません。私の経験から、狭く深くのほうが充実感があるというだけです。その点はご理解下さい。

狭く深くな人付き合いで気をつけること

狭く深く人付きあいをするからには、人を選ぶことが大切になります。

どういう人に周りにいて欲しいかということです。

狭く深くとなると、かかわる人数も少なくなりますから、その人達からの影響はとても大きくなります。

ジムローンが言っていました。「最も長い時間を一緒に過ごす5人の平均」が自分を作るんです。

そのくらい、影響されるわけですから、もしも、無神経で人の嫌がるようなことばかりする、ネガティブな人がそこに紛れ込んでしまっていると、その影響を受けて、自分も悪い感情を抱きやすくなるかもしれないんです。

だから大事なのが、条件なんです。

こういう人と付き合いたい、こういう人に周りに居てほしいということです。

でも細かく条件をつけてたらキリがありません。それに、自分と価値観が違うのはいいんです。問題はそこではなくて、特に私が大事にしてるのがポジテイブかネガティブかということです。

ネガティブな人でコミュ力高い人は見たことがありません。コミュニケーションをとりたいと思うのは、一緒にいて楽しい人なので、悲観的なことばかりを口にしてる人が周りに多いと、自分も引っ張られてしまいますよね。