自分に自信も持つことが先か人見知り克服が先か?

自分に自信を持てれば、人見知り克服は難しくないでしょう。

逆に、人見知りを克服できたら、自分に自信を持つこともできるでしょう。

ではどっちが先なのか?というお話です。

自信を持とうというのは簡単ではない

まずは自分に自信を持ちましょう。

そんなことを言われた記憶があります。

根拠がなくても自信を持つことが大事みたいな、そんな話しです。

もし、これが出来れたら、きっと対人恐怖だったり人見知りだったりも克服することは出来るでしょうね。

でも現実は難しいと思います。

なぜかというと、その意識を継続することが簡単ではないからです。

意識と無意識があると言われていますが、意識(顕在意識)の部分は、わずか5%~10%程度とも言われています。

その5パーセントの意識を頼りにして、自分に自信を持たせようとしても、難しいはずです。

では何をすればいいか?

行動を変えることから始める

やはり自信を持つには根拠も必用です。

その根拠は決して大きいものである必要はありません。

例えば、毎日、小さなこと、例えばトイレ掃除とかでもいいのです。さっと拭くだけでもいいのです。それを継続するんです。

朝起きたあと、すぐにお布団を整えるでもいいんです。

そういう小さな習慣を続けていくだけです。

継続することは簡単ではないと思っているのに、小さなことであっても継続できていると、それだけで自信に繋がります。

自分には出来た。ということで、その小さな成功体験、継続体験を壁に書いていきます。

その小さな行動の変化が自信に繋がっていきます。

人見知り克服と自信との関係

なぜ人見知りするのか?

いくつか原因があるでしょうし、人による部分もあると思いますが、一番大きな原因は、「自分がこんな話しをしたら相手はどう思うだろう?」という自信のなさです。

どう思われてもいいと思っていたら、相手の反応を気にする必要はありません。

では、全く相手からどう思われてもいいやと思っていればいいかというと、そういう意味ではありません。

相手がどういう反応を示しても、自分は笑顔で対応できる、自信を持って言葉で説明できるというポジティブな反応を返せる自信があるかどうかだと思います。

相手の反応なんて分かりません。

ですので、どういう反応であっても、自分なら焦ることもないし、困ることもない。どっしりと構えてたら大丈夫と思えるかどうかがポイントになるんだと思います。

コミュ力が高い人は、このポジティブな反応を返せる自信を持っているのではないでしょうか。

あがり症の人も同様でしょう。相手の反応を気にしすぎるからこそ、緊張してしまうわけです。

相手がどういう反応でも、例えば笑顔でもしかめっ面でも怖い顔でも、どういう表情であっても、自分なら対処できると思えていればあがりにくいことでしょう。

異性に話しかけらないのも同じです。

つまり、小さくてもいいので何かを継続することからまず自信をつける。

そこから、その自信を大きくしていけば、人見知り克服も、あがり症克服も、異性への苦手意識も克服できるのではないでしょうか。

コミュニケーション能力を高めるためのトレーニング

先ほど挙げた、克服したいことが自分にも当てはまる人は、ちょっとしたトレーニングを続けてみると効果が出やすいと思います。

まずは小さな習慣を積み重ねること。どんなに小さくてもいいです。その積み重ねは見えるようにしておきましょう。チェックシートを作って、毎日書いていくのもいいでしょう。それを見える場所に貼っておくのも効果があります。

次は笑顔を作る。最初は作り笑顔でもいいんです。とにかく笑顔を作り続ける。

挨拶をするときだけでもいいから、笑顔で挨拶をする。

これは相手への影響もあるけど、自分自身、笑顔でいると、気持ちが明るくなるんです。

もし疑うなら、これから、ひたする眉間にシワを寄せ続ける生活をしてみて下さい

すごく怒りっぽいイライラした性格になっていきます。近くにいる人も、きっとあなたを見てイライラすることでしょう。

ということは、自分の表情によって、周りが変わるということなんです。

それを知った上で、笑顔を作るというわけです。挨拶が苦手なら、笑顔で会釈するだけでもいいです。

人見知り克服は笑顔からというのも嘘ではないですよ。

それを1ヶ月くらい続けてみて下さい。不思議なもので、自分に自信がついていることでしょう。

こうやって、小さなことですが、まずは自分だけで出来ることからやってみませんか。

その次は人の褒め方とか、人に親切にするといったこともありますが、それはまた今度にしましょう。