人の話を聞くと「疲れる」「ストレス」と感じる時の3つの解決方法

友達の話、会社の同僚の話、家族との話。

「話す側」と「聞く側」。

どちらになることが多いですか?

中には「人の話しを聞くと疲れる、ストレスになる」という人もいます。

特に「悩みの相談を受けている時」に。

そんな時に解決する方法は3つ。

  1. 相手の悩みを解決しよう思わない
  2. 自分ばかり聞き役が苦痛ならコミュニケーション能力を鍛える
  3. 質問力を磨いて会話を導く

この3つです。

では順番に見ていきましょう。

 

相手の悩み相談を自分が解決してあげるとは思わないこと

時々あるのですが、「友達の悩み相談を聴きすぎて疲れてしまいます」という話です。

話しの聴き方についても書いていますが、共感して話を聴くことをおすすめしていますが、それは「相手の感情と同じ感情を自分が持つ」のではなく、「相手の感情を受け入れる、理解する」ということなんです。

相手が悩み解決のアドバイスを欲しいと思っているかは分からない

何か相談された時に、ついつい「すぐにアドバイスをしなくてはいけない」と思いがちです。

しかし、そもそも相手は、「アドバイス」を欲しがっているのか、「ただ話しを聞いてほしいだけなのか」はすぐには分かりません。

ですので、まずは、どんな話しであっても、早すぎるアドバイスが話をややこしくする可能性があるとうことを知っておきましょう。

悩み解決は本人次第であると受け入れる

相手が何かで悩んでいたり、どうしようか迷っていると相談を受けたとします。

「自分が解決してあげようとは思わない」ことが大切です。

その問題をどう解決していくかは、本人が決めることです。

アドバイスをするほうが、相手のためと思うかもしれませんが、相手が学び、相手が決断する機会を奪ってしまうとも考えられます。

相手の悩みを聴き続けていると、自分がどうにかしないとと思うと、課題を背負ってしまいかねません。

すると、肩がどんどん重くなってきます。その悩みが解決されずに悪い方向に進もうものなら、自分にも責任があるのではないかと感じてしまうこともあります。

「人の話しを聞くと疲れる、ストレスになる」というのであれば、まず、悩みは相手の課題あり、こちらで出来ることは、話を聴くことや共感することだけだと考えてみてはどうでしょうか。

聞き役が苦痛ならコミュニケーション能力を鍛えて対等になる

ついつい話しやすいからという理由で、何でもかんでも一方的に話して来られてしんどくなることもあるかもしれません。

そんな時は、コミュニケーション能力を鍛えてみてはどうでしょうか。

コミュニケーション能力とは、聴く力、話す力、質問力などがそれに当たります。

聞き役ばかりではなく、話し役になっても相手をひきつけれるようになったら、立場も変わってきます。

質問力を磨いて会話を導く

会話をリードするのは誰でしょうか?

話をしている人でしょうか?

そうとも限りません。

「質問する人」が会話をリードすることも可能です。

ずっと聞き役になっていて苦痛、ストレスになる、疲れる、というのであれば、一度そういった状況になった時ん、質問を間に入れてみませんか?

よくあるのが、「相手が誰かの愚痴を延々と言い出した」場合ですね。

人の愚痴を聞くのも疲れるものですよね。

ですので、話を逸らしてあげるんです。

会話を違う方向に向けてあげます。

愚痴を言ってる人も、その場はストレス発散になっているかもしれませんが、時と場合と人によっては、ストレス発散となっていると思っている愚痴も、後になって、さらにそのストレスが強化されたりすることや、その愚痴を「言い過ぎた」と後悔してしまうこともあります。

ですので、相手のためにもなるかもしれませんので、話しを変えてあげるのも一つです。

どうやって?それが「質問」です。

質問をすることで、話題を変えることができます。

「そういえば~○○どうだったっけ?」
「そういえば~○○の映画見た?」

何でもいいので、相手が興味がある話題について質問していきます。

そうすると、気づいたら相手も楽しいお話になってたりします。そこで、また聞き役ばかりになるとしんどいですから、先ほど身につけたコミュニケーション能力で上手に話す、話題を提供することも大切になってきます。

話を聞くと疲れる-人の話が疲れる-必用とされる人材

話を聞くと疲れる、人の話が疲れると感じるということは、きっと、普段から一生懸命、真面目に人の話を聞こうとしていることなんでしょう。

これ、実はとんでもなくすごいことだと思います。

心理カウンセラーを名乗る人でも、普段は全然人の話を聞こうとせず、自分の話をしたがる人もたくさんいます。

ですので、まずは自信を持ちましょう。

どこの会社でも「人の話しを聴ける人」は必要とされていることと思います。

聞き上手になれと言われても簡単になれるものではありません。

人の悩みを聞くと疲れると思うかもしれませんが、「自分は話を聞くのが上手い人なんだ」と思ってみましょう。

コミュニケーション能力向上のために話しを聴く技を磨く

話を聴くことが出来てる、むしろ聴きすぎて疲れている状態でしたら、さらに傾聴について学んでみるのもいいかもしれません。

www.chisunny.com

カウンセラーになるわけではなくても、最近は社内でメンタルを壊してしまう人も多いですから、求めるられる場面は少なくないと思います。

もちろん、人の悩みや愚痴を全部引き受けようなんて思わないことです。

聴きながすのではなく、共感して、相手の課題を見つけ、相手に問題解決のきっかけになることを目指せばいいのではないでしょうか。