牛めがねブログ【DIYと一戸建ての防犯と防災を綴る】

DIYと一戸建ての防犯や防災をまとめたブログ。防犯カメラやセンサーライトなどのグッズで空き巣対策、防災のためにできることを綴る。

戸建ての防犯は侵入経路を断つことから

戸建ての防犯について、まだまだ考えてますし、まだまだ対策していきます。

今回は、戸建ての防犯で特に重要な「侵入経路」について。

侵入経路といっても、「家の中に入る侵入経路」といえば「窓から」というのが圧倒的に多いのは前にも書きました。

今回は、家の中への侵入経路ではなく、自分の家の敷地への侵入経路についてです。

自分の家の敷地への侵入経路で案外多い隣や裏の家から

もし、自分の家が、四方とも、隣接する家がない場合、侵入経路は、自分の家のどこかからです。
でも、そういう家って滅多にないですよね。
郊外だったらあるかもしれませんが、だいたいは、それぞれの隣の家や裏の家があることが多いでしょう。

その場合、案外多いのが「隣や裏の家からの侵入」なんですよね。実際に私の知り合いでもいました。
隣の家から自分の家の敷地に入ってこられていたってこと。

逆を言えば、自分の家から隣や裏の家に侵入する可能性もあるってわけです。
お互い気をつけたいところですが、隣の家の人に「泥棒がそちらの家からこっちの家に入ってこないように気をつけてね!」なんて言えません。

ですので、まずは自分が意識して対策することから考えて見ましょう。

自分の家の敷地内への侵入を許さない!対策は?

戸建ての家に入られないための対策といえば、まずは窓のセキュリティと言われますが、その前に、まずは、自分の家の敷地内への侵入を阻止することが大事です。

大事なのは、

「この家は防犯意識がとんでもなく高いな!」

って思わせないといけません。

それも、外から見て、

「この家に入ったら捕まるかも」

って思わせる必要があります。

死角ゼロを目指す!プライバシーより防犯をとる

昔ながらの戸建てというと、立派な植樹があり、家の一階部分が外からはほとんど見えない家も多くありました。

最近はだいぶ違います。

玄関前にはガレージだけど、庭がない家も多いですし、プライバシーより防犯のために、視界を遮るようなものは置かないことも多いです。

防犯を意識するからといって、家の中が丸見えになるわけではありません。
窓であれば、マドミランをつけるの一つですし、外からは見えにくいけど、中からは見えやすいカーテンや網戸にするのもいいでしょう。

とにかく、プライバシーはある程度保護しながらも、死角をいかになくすかが重要です。

そのためには、立派な植樹を切ってしまわないといけないかもしれませんが、防犯をとるかの判断になるでしょうね。

一度近所を歩いてみて、もし自分が空き巣に入るなら、どの家が入りやすいか見て周るといろんなことが分かりますよ。

この家には絶対入れないなって家が何件か見つかると思います。そういう家の真似をしてみるのもいいでしょうね。