コミュ力上げる&質問力を鍛えるには「なぜ」で問い詰めない

コミュ力上げる&質問力を鍛えるには「なぜ」で問い詰めない

コミュ力に欠かせない「質問力」

「なぜ」を繰り返すと会話は続きますよね

しかし、時に「なぜ」という「質問」は「尋問」になってしまうことも

  • コミュ力上げる方法を知りたい
  • 質問力を鍛える方法を知りたい
  • 「なぜ」という質問がなぜ尋問になるの?

絶対ダメってわけではないのですが、気をつけないと、良かれと思った質問が逆効果になることもあるんです。

コミュ力を上げるには質問力を鍛える!なぜ?はダメ?
なぜ?と聞くのは相手に興味を持っているから。でもその質問が繰り返されると、尋問のように感じられてしまうかもしれないんです。
「なぜ」がなぜダメなのか?まとめました。

コミュ力上げる&質問力を鍛える方法

質問力を鍛えるための「なぜ」の使い方

質問力があげることがコミュニケーション能力向上に繋がります。人見知り克服を目指していろいろな質問方法を身につけましょう。まずは「なぜ」という質問と「きっかけ」の質問についてです。

そもそも会話の中で大切なことは何でしょうか?

人によりけりでしょうけど、僕の場合あ「相手に興味、関心を持つこと」だと思っています。

正直なところ、全く興味も関心もわかず、話を聴きたいと思わなくなった人はいます。

しかし、初対面の人の場合は、そういう先入観は持っていません。

ですので、初対面の人であれば、まず相手のことを知りたいと思います。僕の場合はですけどね。

すると、聴きたいことが溢れてきます。

その中の一つが【なぜ】という質問に繋がります。

「なぜ」という質問が逆効果になることもあるから注意

「なぜ」という質問は、相手に興味を持って質問しているわけですが、その興味は、決してポジティブな場面とは限りません。

  • なぜ遅刻したのか?
  • なぜ失敗したのか?
  • なぜ継続できなかったのか?

会社で上司にこんな「なぜ」を繰り返し浴びせられたらいかなり凹みます。

なぜという質問は時に「尋問」や「問い詰め」のように感じられるかもしれません。

大切な人が相手であっても「なぜ」という聴き方の場合、話し方、声のトーン、ニュアンスにもよりますが、一歩間違えると、気分の悪い質問に聞こえてしまうかもしれません。

「なぜ」という「理由」を質問することが悪いのではなく訊き方

相手に興味、関心を持って「なぜ(why)」という質問をすること自体が悪いのではなく、訊き方を少し工夫してみるほうがいいのではないでしょうか。

例えば、あるコミュニケーションセミナーで隣の席に来たBさんに質問をしてみることにしました。

人見知りはもう克服できていると思っていたAさん。

Aさん「なぜこのコミュニケーションセミナーに来たのですか?」

Bさん「なぜ?」

Bさんはどうも不機嫌そう。

なんだか理由を聞かれるのはいいけど、いきなり「なぜ?」って聞かれると、嬉しい気はしない。

ではこう聴くとどうでしょか?

Aさん「このコミュニケーションセミナーに来たきっかけって何ですか?」

Bさん「人見知りが激しいので、それが克服できたらと思って。」

Aさんが聞きたかったのは、「なぜ」「このセミナーに来たのか?」という理由です。

ここでは「何がきっかけで」という質問をしています。

結局は「なぜ」と尋ねてることは一緒なんですが、質問される側の印象としては随分と違うように感じませんか?

質問力の本を何冊も読んでみると「なぜ」という「理由」を聞くことで会話が広がるとう解説がされてることもあります。

確かに、疑問に思った「なぜ」を質問するのはいいんですが、いくつかの違う言い方を覚えておくといいでしょう。

何でまた(どうしてまた)
どういう理由で(どういう訳で)

こういう質問もありますが、僕が普段使うのは少し違います。

【きっかけ】を質問することで柔らかく理由を聴ける

「なぜこのセミナーを受けようと思ったのですか?」

理由を質問しています。

「何がきっかけでこのセミナーを受けてみようと思ったのですか?」

これも理由を質問しています。

北海道への旅行の場面で、初対面の人と会話をしようとしています。

「なぜ北海道に来ようと思ったのですか?」

これは北海道を選んだ理由を質問しています。

「北海道に来ようと思ったきっかけって何かあるんですか?」

これも北海道へ来た理由を尋ねています。

でも印象って違いますよね。あれ?同じですか?

別にこれが正解というわけではありません。

「○○って何かきっかけがあったんですか?」

このフレーズを使って質問してみると、尋問という印象も受けにくいですし、僕のおすすめの質問フレーズです。

いくつかの「きっかけ」を質問することで話が膨らむ

例えば、九州に旅行に行ったとしましょう。

名所で一人で写真撮影をしていると、知らない人も同じく写真撮影をしています。

人見知り克服のためにちょっと勇気を出して話しかけてみることにしました。

でも何を話していいか分からない。

天気の話をする?

もし、相手がコミュニケーションを得意としている人なら、天気の話からいろいろと話を膨らませてくれるかもしれません。

でも、そうではない場合のほうが多いかもしれません。

ですので、僕が考える「人見知り克服方法」というのは、どういう相手であっても、どういう場所であっても、気を使わずにコミュニケーションを取れること。

そして、その方法は誰にでも通じるわけではないということを知っておくこと。

そもそも、話しかけて欲しくない人もいますから、誰とでも仲良くなれるとか、誰とでも話が弾むなんてことはありえません。

まずはそれを受け入れましょう。

そう考えると気が楽になりますよ。

さて、先ほどの話しかける場面に戻ります。

「きっかけ」を質問するとして、どういうフレーズが思い浮かびますか?

九州に来たきっかけを質問する

旅行、仕事、帰省、買物、何かのついで。

そもそもの、九州に来た理由(きっかけ)を質問してみましょう。

それを「お仕事ですか?」と直接的に質問してもいいのですが、ちょっと言い方を変えてこういうのはどうでしょうか。

「今日はお仕事ですか?」

返ってくる答えとしては

「ええ、仕事です」

「いえ、仕事じゃないですよ」⇒「旅行なんです」

仕事か仕事じゃないかを回答した後に、さらに言葉を繋げてくれるかどうかで、相手のコミュニケーションへの積極性が分かります。

旅行で来たと分かった場合は、さらに「きっかけ」を質問してみましょう。

「九州へ旅行というのは何かきっかけがあったんですか?」

さらには

「旅行されるのって何かきっかけがあったんですか?

さらには

「電車か車か?」といった交通手段

「毎月か年に一度か?」といった頻度

「一人か家族か友達とか?」といった誰とか

こういったことに対しても「きっかけ」を質問することが出来ます。

「電車移動にしてるきっかけは?」などですね。

ただ気をつけたいのが、質問のたびには「きっかけ」というフレーズを使ってばかりいると、相手も不審に思うかもしれません。少し間接的な聞き方ですからね。

ですので、相手の方がとてもフレンドリーで話をしてもいいよという雰囲気を出しているなら、もっと直接的に質問するようにしてもいいでしょう。

いずれにしても、相手に時間を取ってもらってるという感謝の気持ちは持ちましょう。

楽しい時間を共有してくれてるんですから、話の途中で、会話に付き合ってくれたことへの感謝を言葉で伝えることも大切です。

コミュ力上げる質問力トレーニング

コミュ力を上げるには質問力は欠かせません。そのためのトレーニングについて。

質問力がますます必要性を増しています。そのための勉強会もありますが、自分でトレーニングするにはどうすればいいでしょうか。

雑談の中で学んだ質問力を試してみるのもいいですし、友達や恋人を相手に定番でテンプレな質問をしてみるのもいいでしょう。別に下手でもいいんです。

好きな人がいれば、せっかくなので質問力を試すチャンスです。別に面白い内容じゃなくてもいいんです。最初はうまく質問できないかもしれませんが、挑戦してみないと分かりませんからね。

コミュ力上げる質問力を鍛えるとなれる!

コミュニケーション能力モンスターへの道!

質問力向上がコミュニケーション能力が高いコミュ力おばけを作る

コミュ力おばけになりたいなら質問力向上は必須です。

質問力がない人でコミュニケーション能力が高い人は恐らくいないでしょう。

もちろん、傾聴力が高くて、何でも話を聞いてくれる人はカウンセラーの中にもたくさんいますが、聞き上手なカウンセラーがみんなコミュニケーション能力が高いかというとそうとも言い切れません。

心理カウンセラーは相手に寄り添うことが大切です。ここでいうコミュ力おばけというのは、あくまで日常的に使うコミュニケーション能力の高い人のことです。

コミュ力は才能ではありません。磨くこともできますし、欲しいと思えば身につきます。僕は、茂木健一郎さんや斎藤孝さんの本で学ぶことも多いですが、本で学んで人を相手に実践する繰り返しがおすすめです。

質問力と傾聴力をセットで!

質問して話を聴くでコミュ力向上!

質問力は本だけでは学べない

質問力の本がベストセラーになるほど、質問上手になろうとしている人が多いのでしょう。「人を動かす質問力」などもそうですが、質問力を鍛えるための書籍も多く出版されています。

では、そういった本を読めば質問力が身につくかというと、これが難しいように感じます。

もちろん、知識として役立つ情報は多いですが、呼んでおくことで、人見知り克服の一歩になることもあるでしょう。

問題は、本を読むだけで終わってしまうことです。その質問力をいかに使いこなせるようになるかは、アウトプットの量でも変わってきます。

例えば、セミナーや研修などで学ぶとなると、恐らくロープレやワークショップ(実戦形式での講座)もあることでしょう。

単なる座学だけでしたら、本で読むのと違いがありません。本で読んだ通りに会話が進む、つまり質問と回答のキャッチボールがスムーズにいかないかもしれません。

質問力を恋愛に活かそうにも、本通りには進まないですよね。

ではどうすれば、質問力が身につくのか?

本やこのブログで知識を得たら、次は実践です。

相手は誰でもいいので、質問力について学んだことを使ってみましょう。会話がどう変わったか。質問に対してどういう回答が返ってきたか。

毎回、誰かと会う時に意識してみましょう。そしてそれをノートに書いていく。すると、どういう質問だと話しが弾んで、どういう質問だと会話が続かないかが分かってくると思います。

それの繰り返しです。

本で学ぶことは大切です。ただ、読むだけではいざという時に使えないかもしれません。

質問力がビジネスに役立つ理由

コミュ力が高い人は仕事でも恋愛でもモテるんです。

なぜかというと、必用とされるからです。

コミュ力の高い男性と女性。

コミュ力のない男性と女性。

どちらかというと、話してて楽しいのは高いほうではないですか?

ビジネスで質問力が役立つのは、話してて楽しいからということもあります。

人は自分に興味があり、自分のことを知ろうとしてくれる人、自分のことを認めてくれる人、自分の話を聞いてくれる人に好意を持つ傾向があります。

ですので、質問されて気分が盛り上げるようにあ経験をすると、また会いたいと思うわけです。

営業の仕事をしているなら、取引先の方々に、仕事の話だけでなく、ちょっとした身の上話の質問をしてみるのもいいでしょう。

よくリーダーは聞く耳を持ってくれている人と言われています。

質問し、その話を聴く。聞く力もあわせもつことで、コミュ力が自信にもつながることでしょう。